タンゴとエチケットの話

タンゴを踊る時の、お口の匂いのエチケットは歴史的。
1914年の口臭予防タブレットの宣伝がなかなか素敵なのでご紹介。

宣伝ポスターには一体何が書いてあるのでしょうか?

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

タンゴ とタンゴの合間
集まりごとやダンスシーンで。
いつでも、お相手には美味しいタブレットを差し出しましょう。

アニス味とすみれ味の美味しいタブレット。
お口がスッキリ、息が香ります。

若い女性達は皆、こんな風に言ってます。
『タバコの匂いがする男性と踊るほど、嫌なことは無いわ!』
Reglisse Florento タブレットは、タバコが吸いたくなるのを押さえ、口に良い香りが漂います。

一箱50g入り、40センターボ(0.4ペソ)で販売。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

ブエノスアイレスのミロンガでは、多くの男性がミントタブレットを持っています。
そして、この宣伝文句の通り、踊りに誘ったお相手に、ミントはいかが?と尋ねます。100年以上前から続くこの習慣、今でも変わっていないようです。こういう気配りは、本当に素晴らしいと思います。
ただ、正直、こちらで販売されている口臭予防タブレットは、あんまりミント感がなく、スッキリ爽やかになる感じが薄い気がします。その点、日本には、もっと強力な口臭予防効果があるタブレットがたくさんありますね。
是非、ミントタブレットもタンゴシューズのような必需品として携帯し、ミロンガやレッスンに出かけてみませんか?
このポスターの若い女性が口を揃えて言っていた事をお忘れなく。

93363524_1094991124201962_2682922476169592832_o

参考:FB Marcelo Castello Tango
   1914年4月20日発行 週刊誌 “Mundo Argentino” の宣伝ページ