NATSUKI

Natsuki
なつき

アルゼンチン・ブエノスアイレス在住6年目(2014年~)、バンドネオン奏者。元々トランペットを勉強していたが、22歳でバンドネオンを始め、アルゼンチンタンゴを求めて単身渡亜。

色んな出会いやご縁、紆余曲折があり、今に至る。岡山県出身。

なぜか魅了されてしまった異国の文化・本場の”アルゼンチンタンゴ”とともに生きるべく、修行中。

– More.. un poco mas –

岡山県出身。大学在学中にバンドネオンに出会う。

卒業後、サイトウ・キネン・フェスティバル松本(現 セイジ・オザワ・松本フェスティバル)事務局スタッフとして1年間勤める。その傍らバンドネオンを学び、単身アルゼンチンへ渡る。

2017年、ブエノスアイレス市立ユースオーケストラ「オルケスタ・エスクエラ・デ・タンゴ」のバンドネオンオーディションに一位通過で合格。

現在、エスキーナ・オメロマンシ、カフェ・トルトーニ、エル・ケランディをはじめとする数々のタンゲリア(タンゴディナーショー)でバンドネオン・ソリストとして活動する。

その他にもアルゼンチン国内の様々なプロジェクト、レコーディングに参加し、タンゴフェスティバルやコンサート・ミロンガでの演奏、アルゼンチンアカデミー賞授賞式での演奏、また国営テレビ放送、タンゴ専門FMラジオ局”La2x4″生放送への出演など、様々な現地での活動を通して研鑽を積む。

2017年から始まった、バンドネオンソロ・コンサートシリーズ「バンドネオマニア」にも度々出演し、師であるラミロ・ボエロ氏とのバンドネオンデュオでの共演も好評を博す。

2019年、「国際バンドネオンの日」のコンサートの4人のバンドネオンソリストのうちの一人に抜擢され、オラシオ・ロモ、ニコラス・エンリッチ、エヴァ・ウォルフと並び、南米最大級の文化施設であるキルチネル文化センター(Centro Cultural Kirchner)にてソロ演奏を行う。また国外でも、2016年にはモントリオール国際タンゴフェスティバルにキンテート・シンコエスキーナスのメンバーとして招聘され出演。

現在、Yazmina Raies Trio、Sexteto Tipico Bohemio、Juan Pablo Gallardo Orquestaなど様々なグループに参加し積極的に活動する傍ら、自身の編曲作品も度々発表している。

日本へも定期的に帰国し、その度に日本各地での公演を企画しツアーを行う。地域おこし協力隊との共同企画で、小さな村を回るコンサートなども行っている。

2015年・東京、岡山、茨城
2016年・大阪、東京、岡山、埼玉、茨城
2018年・岡山、福岡、大阪、兵庫、東京、愛知、茨城
2019年・岡山、東京、仙台、茨城、栃木、奈良

♪オンラインレッスン、現地レッスン通訳、また街歩きや観光地への同行なども可能な範囲で承っています。

詳しくはホームページをご覧ください。





登録すると新しいコンテンツを直接メールでお届けします。