AKANE

AKANE
アカネ

タンゴ講師
Web企画・ディレクター

2016年1月1日にブエノスアイレスでタンゴダンスの留学をスタート。
当初1年間の予定だった留学を途中で3年に延長し、タンゴ、コンテンポラリー、ヨガ、ピラティスなど身体の仕組みから理解し、自分が踊るだけでなく講師としての指導方法を意識した勉強に励む。

2018年、ブエノスアイレスで師事したRam&Robertoの日本への帰国により
当時開催していたクラスを受け継ぐことに。
「アンジェリーナタンゴBA」として滞在日本人女性のためのクラスを主宰している。

渡亜前からWebディレクターとして都内で活動しており、現在もWebコンテンツ企画やディレクション、ライターとしても活動中。
また世界の現地在住日本人が日本人のための海外サポートを行うサイト「ロコタビ」では、ブエノスアイレスのロコとしてランキング1位で5年間活動している。

ブエノスアイレスとタンゴのWebマガジン「Aroma de BuenosAires」を主宰。
また日本人ミロンゲーロスに向けた観光情報サイト「Vamos tango」を運営。

お仕事の相談はこちらから→私の好きなブエノスアイレス

– More.. un poco mas –

静岡県静岡市出身。勝気でやんちゃ。態度のデカい小心者。

銀座StudioTANGUERAのGYU先生のもと、月に1度静岡市内で行うワークショップでアルゼンチンタンゴを始める。月に1度のクラスでは上達しない、と奮起して上京し、
都内でWebディレクターとして働きながらタンゴを勉強する。

2015年8月、初めて観光でブエノスアイレスアイレスを訪れ世界大会を見学。
帰りの飛行機の中で「いつかタンゴを勉強しにブエノスに留学しよう。」と決意し帰国。同月迎えた誕生日に「これからの自分の人生にとって、何が一番重要か」という自分への問いに『40歳までに「結婚」「出産」がしたい。だけどその前にタンゴの勉強しとかないと行けなくなっちゃう。』という結論で3ヶ月後、年の瀬押し迫る年末に飛行機に飛び乗った。

準備期間3ヶ月という期間での留学は、スペイン語もまったく話せず、資金も少なかったので、当時まだ珍しかったリモートワークを日本としながらタンゴの勉強やスペイン語の勉強をする。
2017年、1年の予定だった留学を不完全燃焼を理由に3年へ延長。

メトロポリターノや世界大会とコンペティションへの挑戦を続け、在住5年目の現在は、ミロンゲーロスタイル(古いダンススタイル)の勉強を行っている。

2018年10月、3年間の留学期間終了報告のためアルゼンチン人パートナーと日本に一時帰国。留学前にお世話になっていた現在の早稲田「Efecto tango」と銀座「Studio TANGUER」でエキシビジョンを行う。
2019年にパートナーと入籍・出産。現在一児の母。

今後の展望は、まずはどんな時でも踊り続けること。
そして、ここまで私を成長させてくれたアルゼンチンタンゴとブエノスアイレスの文化の周知、普及に貢献するとともに、私自身がタンゲーラであり、ミロンゲーラであり続けること。どんなときでもタンゴを愛し続けていきたい。


ポルテーニョのアミーゴ論

ポリテーニョの特徴から見るアミーゴ論。

登録すると新しいコンテンツを直接メールでお届けします。